病原体

カンジダ症とはカンジダというカビの一種である病原性の菌による感染症で、性行為によって伝染すると思われがちですが、この真菌は人間の体に常にいる菌ですので性行為の経験がない方でも発症することのある疾患です。原因や感染経路を知ることでカンジダ症の予防や治療に役立てましょう。

カンジダ症を大きく分けると、体の表面や表面に近いところに感染するものと臓器や血流中など全身の深部に感染するものの2種類があります。全身性のものは臓器移植やICUへの入室など病気や薬の影響で免疫機能を抑制していることで発症する可能性があるもののため、ここでは一般的に発症しやすい表在性のカンジダ症について説明します。

カンジダ症の症状カンジダ症が発症しやすい箇所は主に口や皮膚の表面、膣などです。その症状は感染した場所によって異なってきます。口腔カンジダ症は舌や口の中の粘膜に、拭いても取りづらい白いかたまりのような斑点ができ、場合によっては発赤や痛みを伴うこともあります。さらには味覚がおかしく感じたり、灼熱感があるなどの症状が現れることがあります。皮膚カンジダ症では皮膚がガサガサになったり、痛みやかゆみを伴った赤い発疹が見られたり腫れたりします。カンジダ膣炎の場合には、陰部の強いかゆみやひりひりとした痛み、酒粕状の白いおりものの増加により発症に気が付くことが多いです。

カンジダ症の原因カンジダ菌は健康な人の場合には感染症を起こさないような病原性の低い常在菌ですが、他の常在菌とのバランスが崩れることで増殖し症状を引き起こす原因となります。特にストレスや風邪などで免疫力が低下しているときや、抗生物質の使用により他の有用な細菌を退治してしまった場合には常在菌のバランスが崩れてしまい、カンジダ症を発症しやすくなってしまいます。同じくステロイドなどの免疫機能に影響を及ぼす薬を使用しているときやHIVウイルスに感染している場合にも、免疫力の低下により細菌や真菌に対する抵抗力が弱くなるため重症化しやすい傾向にあります。そのほか、カンジダ菌は血液中のグルコースをえさとするため糖尿病の方も体内にカンジダが増え発症しやすいと言われています。

また、生理前や妊娠中などはプロゲステロンというホルモンが大量に分泌されることで、膣内のph値の酸性度が高くなりカンジダ菌が増殖しやすい環境になります。低用量ピルも妊娠している時と同じホルモンの状態にするので膣内にカンジダ菌を発生しやすくすると言えます。他にも、通気性の悪い下着やきつい服による締め付けで熱がこもり多湿状態となるとカンジダ菌の繁殖原因となります。生理用品やオムツはとても蒸れやすくカンジダ菌の絶好の環境になってしまうため、こまめに取り換えることで菌を増やさないことに繋がります。特に妊娠中はおりものの分泌が増えるため清潔を心掛けることが大切です。しかし臭いや汚れを気にして膣を洗浄しすぎたりすると、自然にいる他の常在菌まで洗い流されてしまい、かえってカンジダ菌が増える原因になりますので注意しましょう。

感染経路カンジダは健康な人でも体内に存在している真菌のため、感染経路は様々で不明なことが多いです。何らかの原因により免疫力が低下したことがきっかけでカンジダ菌が増殖し自己感染する場合が多いと言われています。カンジダ膣炎は感染している相手との性行為でもうつることがありますが、必ずしもそうではありません。性行為や行為後の洗浄により腟内の細菌環境が変化しカンジダ菌が増殖することで発症する場合もあります。妊娠中に発症した場合には子宮内感染により胎児が皮膚カンジダ症になってしまったり、分娩時に産道感染し新生児が口腔カンジダ症を発症してしまったりという例もありますので感染経路の特定は難しいとされています。