• ホーム
  • サプリでカンジダ症は改善できる?

サプリでカンジダ症は改善できる?

2020年01月19日

カンジダ症の治療には抗真菌薬と規則正しい生活や食事の工夫が効果をもたらすとされています。しかし仕事や学業で多忙な方にとっては、十分な睡眠の確保や健康的な栄養素を食事に取り入れ、腸内環境を整えることはなかなか難しいのが現状です。忙しい方でも簡単に使えるサプリメントはカンジダ症に効果が期待できるものを選べば、カンジダによる症状を緩和させる可能性があります。妊婦でも気軽に使用することができ、副作用のリスクが極めて少ない腸内を整える乳酸菌サプリは健康的にカンジダ症と付き合っていく方法と言えます。

体内のカンジダ菌が増殖してしまうのは、同じく常在菌で乳酸桿菌と呼ばれるアシドフィルス菌や善玉乳酸菌の減少が原因となっている場合があります。この乳酸菌は人間の腸内や口腔、膣内にも多く存在しており整腸作用や感染予防などの作用が報告されています。体内の乳酸桿菌を増やすことで腸内環境を整え、増えすぎてしまったカンジダ菌を抑制することができると考えられます。

Acidphilus Three Billionはその名前の通り、1粒に30億個のアシドフィルス菌が配合されているサプリメントです。アシドフィルス菌のもっとも基本的な効果は整腸作用であり、その強い抗菌作用により病原性細菌を阻害し消化不良や下痢、便秘を解消させることができます。またアシドフィルス菌は乳酸を作り出すことで腸内を酸性に傾けるため、カンジダ菌の繁殖を抑えることも期待されます。その他にも、アシドフィルス菌は増殖する際にビオチンを消費しないタイプの乳酸菌と言われています。ビオチンはビタミンBの一種で肌や髪や爪などの健康にも関わる成分のため、その成分を減らすことのないアシドフィルス菌は美容の面でも嬉しい乳酸菌です。

デリケトールには、2種類の乳酸菌が1粒に10億個配合されています。膣中にいる乳酸菌をデテールライン桿菌と呼びますが、デリケトールにはこのデテールライン桿菌の仲間であるロイテリ菌とラムノーサス菌が入っています。これらの菌が膣内を酸性に保つことで細菌感染やカンジダ菌の増殖を防いでいるのですが、カンジダ症になっているときにはその数が減少していると考えられます。そこでロイテリ菌とラムノーサス菌を摂取し、増やすことで膣炎の予防・改善が期待できます。腸に届いたデテールライン桿菌が膣内に移動していたという報告もあるため、膣カンジダに直接的効果の無さそうなサプリメントでもカンジダ症を改善させる効果は十分にあります。

サプリメントを選ぶ際に気になることは、その安全性や栄養素などの品質、価格です。フリージェントやnow foodsが販売しているものは信頼度が高く評価されていますので、購入の参考にすると良いでしょう。フリージェントという会社が運営するウェルネスサプリでは、医師監修のもと高品質なもの取り扱っているため安心して服用することができ、効果も期待できます。デリケトールやAcidphilus Three Billionも、楽天市場のショッピングサイトで取り扱っています。アメリカのサプリメントメーカーのnow foodsも通販サイトなどでサプリが購入できるので便利です。種類も豊富で安全性や成分への信頼度は高いにも関わらず、続けやすい価格であることが魅力です。